「ほっ」と。キャンペーン
2006年 12月 07日

人工薪

b0038919_9213129.jpg追分地鎮祭の日に時間があったので長野総商へ立ち寄ると人工薪を売っていた。試しに一箱12本入りを買う。イタリアのピザ釜用のもので箱1200円だから一本あたり100円。
b0038919_9242560.jpgストーブに投入してみると簡単に火が点く。勢いよく燃えて炉内の温度が上がり過ぎるため単独で熾き火に投入するのがよさそう。火持ちは同じ太さの薪と同じくらい。
[PR]

by masa-aki.m | 2006-12-07 09:29 | 東京で薪ストーブ | Comments(3)
Commented by いわ at 2006-12-08 09:40 x
先日のデュラフレーム燃やしてみました。着火剤として割って少量使うのは、以前にもやっていたので十分に役立つのは分かってましたが、薪として燃やしてみるのは初めて。
やっぱり、高カロリーゆえに薪ストーヴで燃やすと、空気が足りなくて、最初の油分が燃えている間は煤が沢山出ます。特にコールドスタート時から燃やすとガラス真っ黒になります。煙突も同様でしょう。これは良くないです。ジャイアントサイズ丸ごとというのも多すぎます。
考えて試してみて一番上手くいくのは、
巡航運転に入ってクリーンバーンが稼動する状況で、小割(ジャイアントの場合1/8位)にして入れるという使い方です。これなら、クリーンバーンで煤は燃えているようです。炭素が燃えますから、クリーンバーンでの炎はかなり赤くなります。これで小一時間燃えます。
ちょっと邪魔臭いのですが、今回の様な特価で購入できれば、コストは下がりますね。
少なくとも着火には便利に使えるので、今度コストコに行ったときにまだあれば、もう1箱買っておこうと思います。
Commented by masa-aki.m at 2006-12-08 12:19
いわさん。
この人工薪とはだいぶ違う物のようですね。
油分は無く煤はでませんが
やはり炉内に熾きが充分ある時に投入した方がよいようです。
Commented by masa-aki.m at 2006-12-08 19:55
先日、ストーブ屋のMさんがフルに焚かない場合でも24時間運転するには炭を入れて持続させると良いと言ってました。炭は最近安いし、薪より長持ちするのはあきらか。さっそく買ってやりましたが、熾き火が十分残ってない場合はガラスが真っ黒になりました。熾き火がたっぷりで、すぐに炭に火がつく状態でやるべきのようです。いろいろ試しての情報交換は有益ですね。


<< ガスバーナ      薪ストーブ料理 >>