カテゴリ:東京で薪ストーブ( 74 )


2017年 01月 23日

薪の移動

昨年那須でいただいて乾燥させておいた薪を東京へ移動する。東京にも薪はあるが日当りが良くないの
で先にこちらを使いたいからなのだが、あいにくの大雪で車が上がれず子ども達が小さい頃遊んだソリ
を使う。思い出してちょっとうるっとしつつも、無事移動完了。

b0038919_9551824.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2017-01-23 09:46 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2017年 01月 20日

干しリンゴ

ここのところ寒い日が続き、24時間薪ストーブを焚き続けている。お湯を沸かすだけではとリンゴを
ストーブの周りに置いて乾燥させてみた。家中が良い香りになって4時間ほどで適度に乾燥。
b0038919_918338.jpg

カリカリなるまで置かずに、しっとりとしたところで終了。甘みとうまみが凝縮されて美味しいとは思うが、みずみずしいリンゴの方がいいかな。甘くて酒のつまみにもならないしね。

b0038919_9223667.jpg

[PR]

by masa-aki.m | 2017-01-20 09:24 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2016年 03月 01日

薪集めにも旬がある

毎年のことですが、今頃は薪集めで忙しい時期です。木の伐採には切り旬というのがあり、水を吸って
いない晩秋から冬の間に伐るのが最も望ましいと言われています。これは建築用材として使う場合も、
薪として使う場合も同じ。薪集めも今が旬です。この冬の薪が目に見えて減ってきて、空いたところに
来年分の薪を積んでいくのですが、何しろ敷地が狭いので置く場所には一苦労。車ギリギリまで積んで
満タン、これでやっと来年も暖かく過ごせるようになります。

b0038919_109511.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2016-03-01 10:10 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2016年 01月 29日

トップダウン着火

 今シーズンから薪ストーブの着火は上から火を点けるようにしています。焚き火のイメージと違うの
でこれできちんと火が点くのかと心配していましたが、様々な利点があることに気づきました。特に都
市部では焚きはじめに煙を少なくすることができるので有効です。
 太い薪を二本平行に並べる。短めの中太薪を井桁に二段〜三段。焚き付け用の小割りの薪を二段〜三
段。と順番に重ねていきます。小割りが十分細ければマッチで着火しますが、着火材を上に載せて使っ
てもよい。燃えはじめは前扉全開で煙突が暖まるのを待ちます。中太薪に火が移ったら扉を2cmほ開い
た状態で空気を勢い良く送り込む。太薪に火が移ったら扉を閉める。これで10分かからず良好な焼状態
となります。
 利点は、炎の上に燻される薪がないので煙が出にくい。上に熾き火ができるので安定して燃える。燃え
るのに応じて薪を足す必要がない。上部の熱で太薪が十分暖められた後に火が点くので煙が出にくい。
一番下に太薪があるため過燃焼になりにくい。欠点は、小割りと中太薪をたっぷりと用意しなければ
ならないこと。薪が十分乾燥していないと無理なこと。
三種類の薪を用意することになりますが、ストレスなく着火できるようになりました。
b0038919_10131252.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2016-01-29 10:22 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 12月 21日

今年は暖かい

日曜日は午前中打ち合わせの後、薪棚整理と焚き付けつくり。今年は薪の減りが少ない。
いつもなら24時間運転に入っている時期だけど、まだ平日は夜だけ焚いているから。

b0038919_14205888.jpg

b0038919_14211264.jpg

[PR]

by masa-aki.m | 2015-12-21 14:23 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 11月 30日

ソダ柵

昨日は里山の手入れ。ソダ柵を打ち込みソダをまとめる作業でした。
天気が良く思ったよりはかどって14時には終了。これで来年薪をもらえます。

b0038919_17101356.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2015-11-30 17:11 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 09月 14日

薪のための下草刈り

週末は埼玉へ下草刈りに行きました。これをやると来年薪がいただけることになります。最初にナラと
クヌギ、ヤマツツジにリボンをつけ、それを残すようにカマやノコで下草を刈ります。幸い程よい曇り
の天候で、思ったより楽にそして、順調に進みました。少々脇腹が筋肉痛。
b0038919_953534.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2015-09-14 09:54 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 06月 23日

薪の香り

地下の窓を開けると、さわやかな香りがただよってくる。薪として窓の外に積んであるクスノキは、昔
から天然の香り樟脳として使われてきた。香りとしてはとても良いのだが、薪としては割れない木とし
て有名。径10cmほどでも斧で割るのは大変な作業だ。割れないのは西郷村に運んで焚き火に使おうか
と思う。焚き火だと香りがそのまま楽しめるから。

b0038919_8552380.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2015-06-23 08:59 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 04月 06日

2ヶ月乾燥の薪を使ってみた。

昨冬集めた薪が無くなったので、試しに2月初めに割って積んでおいたナラを燃やしてみました。それが
以外に使えるのにびっくり。焚きはじめには乾いた薪を使い、十分熾き火ができたところで入れればな
んの問題もなくきれいに燃えてくれます。伐採はたぶん12月ころでしょう。それを玉切りにして割って
積んだのが2月初め。それから2ヶ月でしか経っていませんが、日当りと風通しがよければ使うことがで
きるのですね。
b0038919_1134845.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2015-04-06 11:34 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)
2015年 03月 18日

椎茸栽培

薪用にいただいてきた20cmほどのコナラを、割らずに椎茸コマを打ち込みました。長さが40cmと短
く少々太めですが、なんとかなるでしょう。来年の秋頃から収穫できるようになります。コマを打ち込
んでいると通りを行く数人から”椎茸ですか?”と声をかけられました。同時にたくさん採れるので差
し上げますよ、などと話が生まれるのも楽しいご近所付きあい。
b0038919_939431.jpg
[PR]

by masa-aki.m | 2015-03-18 09:40 | 東京で薪ストーブ | Comments(0)