楽家記(らくがき)

matsublog.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 28日

生ハムづくり

例年のようにお正月は西郷村で生ハムの燻製をして過ごします。もう20年くらい続けているでしょうか。
来年は9日が仕事はじめです。今年一年ありがとうございました。皆さま、良いお年をお迎えください。
b0038919_11541844.jpeg

[PR]

# by masa-aki.m | 2017-12-28 11:51 | 雑木林の週末暮らし | Comments(0)
2017年 12月 22日

猫の朔太郎(サク)

一昨年の春、薪棚をうろうろしていた野良を飼いはじめて2年半。人間の年齢とすると25歳くらいだそうです。
室内飼いですが木製の外デッキがあるので、窓外に出ては道行く人を眺めたり、日向ぼっこしたりと気持ちよさそうにしています。
通りがかりのお子さんが気づいては、「猫ちゃんだ!」という声がよく聞こえてきます。
正月は西郷村の山荘で過ごすので、サクも一緒に移動。慣れるまでしばらくは戸袋の中に籠もっていそうです。
b0038919_09500128.jpg
b0038919_09553103.jpg
b0038919_09371538.jpg




[PR]

# by masa-aki.m | 2017-12-22 09:56 | わが家 | Comments(0)
2017年 12月 20日

埼玉建築文化賞で最優秀賞を受賞しました。

2015年に竣工した会澤工務店越谷レイクタウン営業所「あいの杜」が第5回埼玉建築文化賞の事務所・店舗部門で最優秀賞を受賞しました。
設計:松原正明建築設計室
構造:桜設計集団
施工:(株)会澤工務店
b0038919_09134458.jpg
b0038919_09163977.jpg
b0038919_09170033.jpg
b0038919_09172112.jpg
b0038919_09175628.jpg
b0038919_09181536.jpg
b0038919_09185106.jpg
b0038919_09211385.jpg

b0038919_09200651.jpg












[PR]

# by masa-aki.m | 2017-12-20 09:22 | その他 | Comments(2)
2017年 12月 12日

杉並の家の床下エアコン(3)

小さな家での薪ストーブと床下エアコンを使った全室暖房システムです。
シンプルでお金も掛からず、エアコンが壊れたら取り替えるだけ、ランニングコストも安い。

二階に置いた薪ストーブで暖まった空気は上昇し、天井際にあるダクトファンから縦ダクトにより1階床下へ送られます。
ダクト下に置いたエアコンで加熱し床下全体へと暖気が広がり、コンクリートに蓄熱しながらスリットから各部屋へと出て
さらに階段を上昇し二階へ戻る、の繰り返しで家全体を暖房します。
エアコンは温度センサーが本体ではなくリモコン側に持ってこられるものを選びます。
基礎断熱することが必須で、間仕切りは最小限にして各部屋は引き戸で仕切ります。
この家は薪ストーブがありますが、薪ストーブがなくても大丈夫です。
  
b0038919_12364742.jpg

b0038919_12294891.jpg

b0038919_16280474.jpg








[PR]

# by masa-aki.m | 2017-12-12 12:47 | 杉並の家床下エアコン | Comments(0)