楽家記(らくがき)

matsublog.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 04日

たためる椅子2

b0038919_21134881.jpgたためる椅子二脚目を買いました。右が新しい方。10年以上も前に買ったのと比べてみると。
b0038919_21161086.jpgb0038919_21171392.jpg継ぎ手の形状が違いますね。新しいのは六角レンチの金具が見えていますが強度が必要だったのでしょうか
b0038919_2119633.jpgb0038919_21184323.jpg座面の受けの形が少し違います。m&mの焼印も新しい方にはありました。
[PR]

by masa-aki.m | 2006-04-04 21:25 | 椅子 | Comments(3)
Commented by kyoco-chan at 2006-04-05 09:48
おんなじ椅子をもう一度、
使い心地がいいからね~、きっと♪
10年間、同じデザインで作ってる(改良?してあっても)って
すごいねえ。。
Commented by tokyomachiya at 2006-04-05 12:15
昔の物は吉村先生が金物を使わないことにこだわっていたらしい。
それで、軸が折れて、八ヶ岳の音楽堂の倉庫には壊れたたためる椅子がありました。
最近の物は、そこら辺が改良されているのでしょう。
吉村事務所がなくなって、M&Mの焼印も入れるようになったんじゃないかな。
Commented by masa-aki.m at 2006-04-05 12:24
だと思います。
昔のはヒンジの金ダボだけで、他は全て木製ですからね。


<< ふたつのオープンハウス      那須山荘2 >>